電脳仕入れでトラブル!間違ったものが届いた時ってどうする?

せどり失敗談

ゆる~くせどりライフを過ごしている
へっぽこ主婦なのですが
予定変更は日常茶飯事(泣)

 

今日こそブックオフに
仕入れに行くぞ!

 

・・・って意気込んでも
何かしら用事が入ってしまい
結局行けないことも。

 

そんな主婦の力強い味方が
「電脳仕入れ」。

オークションやフリマを利用して
雑誌を仕入れることを言います。

 

電脳仕入れだと
スマホがあればリサーチや仕入れができるし
座って出来ちゃうのが
ズボラには嬉しい(笑)

 

そんな電脳仕入れで
先日トラブルが発生!

 

ある雑誌を購入した時の話。

 

届いた時には
「これって購入したかな??」
って不思議に思ってたんですね。

 

それで、モノレートをチェックすると
良い感じの山が出ているじゃあ~りませんか!

 

仕入れ値を確認するために
メルカリの取引画面をチェックしてみると・・・

 

 

その雑誌を購入した形跡がない!?

 

 

なんでだ~~~~!!

 

そこで気が付きました。

購入したものと違うものが届いていたことを。

どれだけ気が付くのが遅いんだ・・・

 

そこで出品者さんにメッセージを送ると
すぐ返信が来ました。

 

何でも同日、複数の発送手配をしたので
コンビニの店員さんが貼り間違いした可能性が・・・

という返事。

 

あれ!?
コンビニからメルカリ便で送る時って
トラブル防止のために
送付状は自分で貼り付けるようになっているハズ・・・。

 

まー、ココを突っ込んでみても
問題解決はできないよね。

って思っていたら
出品者さんから提案のメッセージが届きました。

 

①他のサイトで同じものが販売されていたので
それを購入して迷惑料としてQUOカードを添えて送る
この場合、少し時間がかかる

 

②購入額と迷惑料を合わせた金額で
私が何かしら出品して相手が購入
即取引成立にする

 

間違って届いた雑誌は
煮るなり焼くなり好きにしていい

 

そこで、へっぽこ主婦は考えた(笑)

 

①を選ぶと
時間がかかるのがイヤだと感じたことと
新たに購入して送ってもらうことにすると
メッセージ内で住所を相手に知らせる必要があるので
それもイヤでした。

 

なので②を選びました。

 

これならすぐ問題解決できますし
売上金を次の仕入れに回せるという
メリットもあるわけでして・・・^^

 

それに間違って届いた雑誌は
モノレートでもいい動きをしているものなので
ありがたく有効活用させていただきましたよ^^

Amazonで売るためとしてね♪

 

メルカリで取引をするのって
怖いと感じる方もおられると思います。

 

ネット上でのやり取りですが
メルカリは「フリーマーケット」としての位置づけです。

 

取引は個人間で行って、メルカリは
プラットフォームを提供しているだけというスタンス。

 

なので基本トラブルが発生すると
メッセージのやり取りで問題解決する必要があります。

 

その点で怖いと感じがちですが
メルカリは購入者さんファースト

 

それにメッセージも事務局が
厳しくチェックしています。

 

また、分からない点があれば
事務局へメッセージを送ると
翌日までには返答してもらえるので
丁寧に相手とメッセージのやり取りをすれば大丈夫^^

 

良い経験ができたって
思ったらいいだけですから(笑)

今回、迅速な対応をしていただける
出品者さんだったので
ホント助かりました^^

 

ドタバタしながら実践中♪
⇒ ゆるせど~中古雑誌転売を確認する

タイトルとURLをコピーしました